お取引について

お取引の流れ

【開発段階】

弊社は、綿密な打ち合わせの必要な開発段階において、日本人と台湾人のスタッフがペアとなり、量産段階までスムーズに移行できるような業務体制をとっています。対外窓口の担当者とは語学の支障ない高度な技術検討も行え、また常に社内で情報を共有することで、敏速なレスポンスを実現します。担当者が単なる言葉の連絡窓口になるのではなく、社内でワンクッションの調整を行い、弊社も製造の委託者として、また受託者として携わります。

【量産段階】
【部材・完成品の調達】

輸出入業務の担当者が、納期確認から乙仲および運送会社への連絡・手配など納品までの一連の業務を行います。また、各担当者がお客さまにとっての専属海外事業部署として、各種部材・完成品の調査から調達までをご支援します。

【品質管理とクレーム対応】

弊社は必要に応じて、立会い試作、立会い生産、現場指導など現場へ足を運び、お客さまと共に開発段階から品質認識を一致させることに努めます。仕入先との緊密な連携により、品質に対しては万全を期していますが、万一不良品などが発生した場合には、品質管理担当者が速やかに処理し、責任をもって対応いたします。わたしたちは、ものづくりにこだわり、品質に自信のあるものをお客さまにお届けします。